トップ / マンション管理員の一日

マンション管理の仕事

マンション管理員の一日

マンション管理員の仕事内容

マンション管理員のお仕事は多岐にわたります。
マンション管理の主なお仕事を分けてみると1年の間に数回のメンテナンスや1ヶ月の間に数回のメンテナンス、そして1日単位でのお仕事があります。

・マンション管理員の一日のお仕事の流れ
マンション管理員の一日のお仕事の流れとしては、清掃業務に始まり受付、点検、警備巡回、報告、簡単な管理業務があります。それではそれを順を追って説明していきます。

1 清掃業務
朝管理員室をあけてまずすることは清掃業務です。フロアの清掃に始まり、ゴミ収集場の清掃、各階のフロアの清掃、マンション周辺の清掃などがあります。大きなマンションになってくると清掃だけでも一日かかってしまいます。その場合は別の清掃業者に委託していることもあります。しかしマンションの清掃業務はマンション管理員のメインのお仕事と言っても過言ではありません。

2 設備点検と巡回警備
設備点検と巡回警備は1日に2回以上必ずマンションを回ります。そしてその業務はほぼ同時に行う業務です。例えばマンション内を巡回しながらフロアの蛍光灯や電気関係が切れているところがあれば取り替えますし、共用スペースに破損があれば直します。
また、消化器などの消防点検も兼ねて行うようにします。マンションには電気室や非常口、貯水タンク室など様々な設備の部屋があるので防犯の意味も込めて巡回警備にあたります。いくらオートロックでも外階段からあっさりと侵入できるのでこの防犯は重要です。

3 受付業務 管理業務
マンション管理員の一番大変なお仕事と言えばこの受付業務ではないでしょうか?住民さんから挨拶されたり世間話をされるのはとても気持ちの良いものですが、現実問題そればかりではありません。住民同士のトラブルの仲裁やクレームにも対応しなければなりません。また郵便物の一時預かりや管理費滞納者への督促などもしなければなりません。

上記の業務以外にも、月に数回のワックス清掃業務や業者による機械系の点検業務の監視などがあります。結構仕事内容としてはハードかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単な業務です。

次にマンション管理員に興味を持たれた方のために、求人に受かるのに有利になりそうな資格を紹介いたします。