トップ / マンション管理を学ぶため

マンション管理の仕事

マンション管理を学ぶため

マンション管理員に役立つ資格

・3つの資格
さてマンション管理員の資格についてですが、正確には「マンション管理検定」「マンション管理士」「管理業務主任者」があります。マンション管理検定は主に管理対象マンションである現場で勤務しマンション業務の内容や理解を深めたい、またマンション管理の基礎知識を学びたいという方におすすめの資格です。

マンション管理士や管理業務士は主に企業や管理組合でアドバイザー的な業務をこなす場合に必要な国家資格で難易度も高めになっています。実際にマンション管理業務に携わりたいのならばマンション管理検定が最も近道な資格となっています。

・まずはマンション管理検定から
上記3つの資格の中でも最も取得しやすいのがマンション管理検定ですが、その検定を持っていればさらに上の国家資格マンション管理士などへもステップアップしていけます。

さてマンション管理検定の試験は年に約2回ほど実施されており、50問の選択試験となっています。勉強期間が半年間あるためその半年の間に公式の学習教材を使用して勉強するのがマンション管理検定を取得するための一番の近道ではないでしょうか。

主な内容としてはマンション管理総論、管理組合運営の円滑化に関すること、マンションの建物及び付属施設の構造並びに設備に関すること、マンション管理員の実務に関すること、マンション管理に関するほうれい及び実務に関すること、マンション管理員に求められるマンション管理情勢、管理会社への就職の現状と対策、マンション管理に関する法令及び実務に関すること、などがあります。

決して難易度が高いわけではありませんので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

・就職活動でのメリット
マンション管理員に興味を持たれたならば、資格を取得することで、求人採用の確率が高くなるでしょう。景気が回復してきたと言ってもまだまだ先は見えません。資格を持って、手に職を付けることで、今後の生活がより安定する可能性があります。